1: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ 2014/01/16(木) 19:40:30.89 ID:???0
芥川賞に小山田さん

第150回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、
芥川賞は小山田浩子さんの「穴」に決まった。

<候補作品>
「鼻に挟み撃ち」いとうせいこう(すばる12月号)
「さようなら、オレンジ」岩城けい(太宰治賞2013)
「穴」小山田浩子(新潮9月号)
「LIFE」松波太郎(群像7月号)
「コルバトントリ」山下澄人(文學界10月号)

<選考委員>
小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・高樹のぶ子・堀江敏幸
宮本輝・村上龍・山田詠美の各氏

文藝春秋|各賞紹介|芥川賞
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/index.htm

第150回 芥川賞・直木賞発表&受賞者記者会見 生放送 - 2014/01/16 18:00開始 - ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv162754934


【文芸】第150回直木賞は朝井まかて『恋歌』と姫野カオルコ『昭和の犬』に決定!
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389867280/

5: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ 2014/01/16(木) 19:42:29.70 ID:???0
小山田浩子
1983年広島県広島市生まれ。
2006年広島大学文学部卒業。
10年「工場」で第42回新潮新人賞受賞。

〈作品〉
「工場」2010年新潮11月号、単行本は13年新潮社刊=第26回三島由紀夫賞候補、第30回織田作之助賞受賞。
「いこぼれのむし」11年新潮5月号、単行本は13年新潮社刊(『工場』併録)。
「ディスカス忌」12年新潮9月号、単行本は13年新潮社刊(『工場』併録)。
「うらぎゅう」13年群像4月号。「いたちなく」13年新潮7月号。
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/index.htm

15: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:45:17.57 ID:2fpOMscl0
芥川賞作者の賞味期限は6ヶ月

本を売るためは必然だろう

16: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:45:51.30 ID:oDgdXuL5P
もう既に前回の受賞者は忘れられてる

なんだこの賞w

23: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:48:21.43 ID:4KuI6Sm30
アキバと選挙と何が違うのかとw

30: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:50:30.24 ID:M6TH/iPBP
>>23
そんな感じだなw
あとは日本アカデミー賞とか日本レコード大賞並みの注目度

25: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:48:42.86 ID:Fowq7hiS0
http://www.sankeibiz.jp/econome/photos/130616/ecf1306161245000-p2.htm

若い頃のばななみたいな顔してる

27: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:49:47.84 ID:1s+7qfv6P
芥川賞や直木賞が決まった途端、本屋にこの連中の本を買いにいく
奴らって本当単純だよな
肩書きに弱い奴ら

33: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:51:09.78 ID:NrygKN6S0
>>27
権威主義だな
ま、無駄な買い物したくないって心理もあるだろ

133: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 00:22:15.35 ID:IjlIHSLZ0
>>27
レコード大賞受賞という理由でその歌手のCD買いに行くような人っていないよな
それなのに文学界ってそういうのまかり通っちゃってる部分あるよねw
映画界の「○○賞」「全米ヒット」という神通力も陰りが見えているというのに

139: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 00:56:18.66 ID:a4+s3+5M0
>>27
春樹ってだけで嬉しそうに買いに行くやつがわんさかいるしな。
しかも信者みたいな笑顔でインタビュー受けて、「発売日に購入する自分ってすごいでしょ?」アピールw

ジョブズの伝記本がアホほど売れたけど、あれだってPCすらまとも触れない奴がいっぱい買ってそう。
そういうやつや、字幕も読めず、行間も読めないメクラが増えてるから、つまらない本でも売れるんだろうな。

結果的に、質がどんどん下がっていく。まるで往年のJPOPですわ。

29: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:50:18.95 ID:6uyUpnQn0
>島田雅彦

芥川賞最多落選者なのに選考委員なんだな

41: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:55:39.17 ID:FNnjtZ8Y0
営業優先で女ばっかw
もうやめちまえ

42: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 19:56:13.00 ID:qZDDRaDTP
いとうせいこう評価高かったんだけどな。
二年連続ダメ

83: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 21:27:57.92 ID:tm2QYl3I0
芥川賞をありがたがっているのはかつての芥川賞受賞者と出版社だけじゃないの
年に2回も生まれる芥川賞に昔のような価値はないよ
ありがたみがなくなったよな

89: 名無しさん@恐縮です 2014/01/16(木) 21:34:00.84 ID:toFH+U+L0
>>83
この間もあったよなと思ってたら年2回だったのか

104: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ 2014/01/16(木) 22:34:05.20 ID:???0
【芥川賞講評】川上弘美さん「リアルに裏打ちされた幻想」

第150回芥川賞は16日、小山田浩子さん(30)の「穴」に決まった。
選考委員の作家、川上弘美さん(55)が会見して、選考経緯などについて話した。

「芥川賞、(選考に)例年より時間がかかりました。簡単に経過を説明いたしますと、5作ともそれぞれに推す選考委員がいました。
ですので最初から『どれを残そうか』ということで話し合ってまいりました。それで最終的に残ったのが、
岩城けいさんの『さようなら、オレンジ』、それから小山田浩子さんの『穴』、山下澄人さんの『コルバトントリ』でした。
この3作にはそれぞれ強く推す選考委員がいまして、2回目の投票を行い、最終的に小山田さんの『穴』が過半数を取ったんですが、
『さようなら、オレンジ』と『コルバトントリ』も過半数に迫る点数を取ったということで、今回は非常に実りのある作品を選考できた喜びがありました」

 --小山田さんの作品が評価されたポイントは
「いろいろな意味での『違和感』があり、リアルな設定でありながら、幻想味がありました。それが幻想のための幻想ではなく、
リアルに裏打ちされた幻想であって、実は書くのはとても難しいのですが、それを自然に書いている筆力が評価されました。
それに皮膚感覚が非常にあって、嫁としゅうとめ、地方の…自分が知らない小さな社会に入った違和感を、
普遍的に描いている作品ではないか、ということで評価されました」

 --山下さんと岩城さんの作品については
「山下さんの作品は独特の表現形式があります。それが今までの作品に比べて、内容と表現形式が合っている、
そしてこの表現形式でなければ、表せないであろうものが表現できているという評価がされた一方で、
そのことを評価できないという声もありました。それで○と×が両方つきました」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140116/art14011622230007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140116/art14011622230007-n2.htm

105: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ 2014/01/16(木) 22:34:17.27 ID:???0
「岩城さんの作品も、これを非常に推す委員と、『足りないのではないか』という委員が論議を重ねました。
推す委員は『言語をいかに獲得していくか』ということの切実さと、逆に獲得していくことで失われるものがきちんと描けていて、感動があった。
それに物語としても面白い、と。反対する選考委員はそれらの意見を認めつつ、アフリカ人のサリナ(登場人物の一人)をもっと深く描かなければ、
物語として説得力を持たせることができないのではないかと指摘しました」

 --いとうせいこうさんと松波太郎さんの作品について
「いとうせいこうさんについては、非常に面白い試みであると。後藤明生(の小説『挟み撃ち』)とゴーゴリの『鼻』という、
今の若い読者にとっては少し遠いかもしれない、そういうものに準拠していて、読んでいる人にとっては非常に面白く、
読んでいなくても面白みを感じられる書き方がしてあって、とても試みとしていいんです。ただ、その…難しいのですが、
意匠を凝らして描いているがゆえの、洗練があるゆえの突破力のなさを指摘する委員がいまして、結局は落ちました」

「松波太郎さんの『LIFE』は、いいかげんな男と妻、いや妻はいい加減じゃないんですが…その2人の間にダウン症の子供が生まれる。
そこで男の側から見た『父親になれるのだろうか』という不安とか、適当な感じとか、逃げたい感じとか、そういうものを描こうとして、
方法としては面白かったんですね。でも、架空の王国の王であるという主人公の設定が、人工的で(物語と)うまくつながっていかない、
むしろ作り込み過ぎてしまったのではないか…ということで、残念ですが、これも最初に落ちました」

 --山下さんの作品の内容については
「意図したか、しないか、たくさんの線が書き込まれている小説です。時制、視点もいろいろで、そういう線がたくさん書き込まれているのですが、
よくよく読んでみると、それが1本の線にまとまるような、そんな面白さがあって。
これはたくらんで書いたのではなく、作者の中から自然に出てきたのではないか、というような、そんな評価でした」

 --小山田さんの「穴」は初めての候補でしたが
「それは選考委員は皆、意識していなかったと思います。プロフィルとか初めてだとか、そういうことは忘れていました」

129: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 00:12:41.08 ID:a4+s3+5M0
綿リサみたいに可愛くて若い子なら話題になるし、逆にすごく年取った老齢者ならまだしも。
さすがに普通の女性ばっか選出したところで、見向きもされなくても仕方ないよ。

女性に取らせるなら、女性ニートとか貧乏女とか、元風俗嬢とかの肩書きを用意せにゃ。
作品より作家の個性がウリの賞なんだしw


オレの予想では、そのうち外人女性が受賞するはず。その日本語使いに対して賛否両論が巻き起これば、
超話題になって版元もウハウハw
もちろん中国に対する印象は悪いから、イランとか他の海外女性だけどね。

132: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 00:16:34.91 ID:XazpM9m10
>>129
中国人女性がとってる

141: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 01:01:36.83 ID:IRFS5EmS0
荒れるの承知で言うが、慎太郎が消えてオワコン化したよ

144: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 01:06:23.58 ID:a4+s3+5M0
>>141
オレもそれは同意。
あの人、障子に穴開けとかで揶揄されるけど、芥川賞の最後の砦みたいな人だった。
個人的には宮本輝が抜けたらもう完全終了すると思う。

147: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 01:13:32.26 ID:IRFS5EmS0
>>144
慎太郎って、各論間違ってるけど
総論は絶対合うんだよw 
で、いまの選考委員は真逆。

148: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 01:14:14.27 ID:a4+s3+5M0
>>147
kwsk

150: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 01:17:50.19 ID:IRFS5EmS0
>>148
俺が一番すごいなと思ったのは
慎太郎の町田康評。
「彼がもし同じ技法で、悪夢ではなしに良夢のコラージュ、
 つまり一連の作品のポジを描いたなら、おそらく残酷なアイロニーに満ちた作品が
 生まれるのではないかとふと思う。」

これさ、町田には無理だとわかっててこういうこと言ってるんだよ。

169: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 09:11:12.49 ID:B/JVtb7l0
>>141
都知事としては嫌いだったが評論家としては見る目あるよな
川上弘美とか平野が受賞したときもちゃんと批判してたし
両方とも読んだらほんと下らなかっただけに納得した

170: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 09:58:14.33 ID:Jt6c5FUG0
豊崎由美が石原慎太郎と宮本輝は
「新しい小説が全く読めない 前衛がわからない
前衛がわからないなら芥川賞の選考委員やるな」
と言っていたがどうなん?

176: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 10:44:16.66 ID:a4+s3+5M0
>>170
大森とそいつは、ラノベか漫画か分からないものをよしとするからあかん。

舞城みたいな脳内妄想を取捨選択することなく書き散らして、洗練すらされてないエロ描写をそのまま汚くのせるやつや、
円城みたいに分かる奴だけ分かればいいような、俺様カッコいいぜ系のヲタ小説を持て囃すから最悪。
万城目みたいな何も心に残らないガキ向け小説も褒めてるし。

191: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 12:08:22.15 ID:i+JO8H4c0
不倫さえ書けば賞取れるよ。

192: 名無しさん@恐縮です 2014/01/17(金) 12:21:16.53 ID:mxTppNdR0
女性優遇賞に改名するといいよ