読み捨て2chニュース

カテゴリ:社会

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/04(火) 17:22:08.89 ID:???
ソフトバンク が米通信会社Tモバイル USに対する新たな買収をもくろむ中で、
ソフトバンクの株価が大幅下落している。米国事業への不安が背景にあり、
時価総額は年初来で約2兆5600億円吹き飛んだ計算になる。

ソフトバンク株は3日、東京市場で一時前週末比7.4%安まで売られたあと、
同6.6%安の7064円で取引を終えた。年初来では23%の大幅安となった。

ソフトバンクは昨年7月に米3位の通信会社、スプリント を買収完了したばかり
だが、同社は米国内で厳しい競争にさらされている。関係者によれば、ソフト
バンクの孫正義社長は米国市場での競争力を高めるため、同4位のTモバイル
USの買収にも動いている。

事情に詳しい複数の関係者によると、ソフトバンクはTモバイルとの統合に向けた
障害を解消するために、Tモバイルの株式の67%を保有するドイツテレコムと
直接交渉を行っている。しかし、スプリント首脳が米司法省の反トラスト法
(独占禁止法)担当幹部にTモバイル買収について説明したが、米当局は新たな
買収に抵抗を示した。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストは「Tモバイルの買収報道で、ソフトバンク
とスプリントの業績に懸念が出ている」と指摘、「Tモバイルを買ったとしても
業績がすぐに上向くわけではなく、多額の支出が財務的には負担になる」と述べた。

また、SMBC日興証券の菊池悟アナリストは「市場全体が下がり、リスクに慎重に
なった外国人投資家が売っている」とした上で、Tモバイル買収や出資先の中国電子
商取引運営会社アリババの上場問題が不透明なことも株価を押し下げる要因となって
いると述べた。

◎ソフトバンク(9984) http://www.softbank.jp/

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0ERX66JTSEV01.html

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/04(火) 10:52:24.72 ID:???
ソースは
http://diamond.jp/articles/-/48137
http://diamond.jp/articles/-/48137?page=2

[1/2]
マルハニチログループのアクリフーズ群馬工場で製造した冷凍食品から農薬が
検出された問題は、1月25日に従業員の男が逮捕され、久代敏男・
マルハニチロホールディングス社長らが引責辞任を発表するなど新たな展開を見せた。
容疑者は逮捕されたものの、具体的な混入経路や動機などはまだ明らかになっていない。
回収対象品目640万点のうち、1月21日時点で85.9%が回収された。
厚生労働省によると、商品との因果関係はいずれも不明ながら、該当商品を
食べたことによる健康被害が疑われるとして各自治体が公表した事例が2799人に上った。
マルハニチロHDは回収費用35億円の計上や事件に伴う減産などで、
14年3月期決算を当期利益で予想比35%減となる下方修正を発表。
工場再開の見込みは立っておらず、さらにブランド全体の毀損による売上げ減などで、
一連の事件の影響がどこまで広がるのかは予断を許さない。

じつは思わぬところで影響が出始めている。
プライベートブランド(PB、自主企画)商品の製造者名の記載についてだ。
今回、回収対象となった49品目のうち20品目がPBで、うち8品目に
アクリフーズ群馬工場の記載が無かった。
「これが回収遅れの原因につながったのではないか」という指摘がでて、
森雅子・消費者担当大臣が「消費者、事業者の御意見を聞きながら、
製造者の表示制度のありかたを見直していく」と発言したのだ。
加工食品には「製造者名」または「販売者名」の記載が、食品衛生法や
JAS法で求められている。販売者名のみで製造者名の記載を省略する場合は、
あらかじめ製造工場を届け出たうえで、製造者を表すアルファベットと数字の記号を
製品に表記することが必要となる。これが「製造所固有記号制度」だ。
製造者名が直接記載されていなくても、記号で調べればわかる仕組みになっている。
しかし、「消費者は、記号を見ただけではその商品がどの製造者によって作られたのか
すぐにはわからず、今回のように一刻を争う事態になったときに、対応できない」と
消費者団体等が以前から指摘していた。

-続きます-

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/16(木) 13:55:28.90 ID:???
ソースは
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577?pid=0&page=2

[1/2]
米国で除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が
大繁殖している。環境運動家や研究者からは、遺伝子組み換え(GM)作物が
原因だという声も上がっているが、業界の大手各社はこれを否定している。

米科学誌サイエンス9月号に発表された研究報告によれば、除草剤に
対する耐性をもったGM種子が開発されたために、除草剤が過剰使用
されていることが原因だと、多くの科学者が指摘している。
「除草剤として世界で最も普及しているグリホサート系の農薬が効かない雑草が、
米国内の大豆や綿、トウモロコシ農場の大部分で繁殖」している。
多くは、除草剤耐性のあるGM種子を使っている農場でのことだという。

アグリビジネスの市場調査会社、ストラタスの最新調査によれば、
グリホサート系除草剤が効かない雑草が生えていると答えた農家は、
2011年には米国の農家全体の34%だったが、2012年は49%と半分に迫っている。

■問題の除草剤とGM種子、共にアグリビジネスの産物
グリホサートは米国で最もよく使われている除草剤で、1970年代に
米アグリビジネス大手モンサントが開発した。「ラウンドアップ」の
商品名で市販されている。同社はまた1996年にグリホサートに耐性のある
GM種子を初めて開発した企業でもある。
モンサントのライバル企業の一つ、米化学大手ダウ・ケミカルも「Durango」の名称で
同様の製品を販売している。

しかし、アグリビジネス業界は、スーパーウィードの繁殖に関する責任を否定している。
モンサントの広報は
「除草剤の効かない雑草は、GM作物が開発されるずっと以前からあった」
と反論している。
米農務省(USDA)も同じく「数十年前から起きている現象」だという見解だ。
「時間とともに作物が耐性を選択する結果、自然に起きることで、すべての除草剤でみられる」
としている。
またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の
一因があると強調する。GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発した
グリホサート系農薬を使っていることが問題だという主張だ。
ダウ・ケミカルの広報も
「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムがグリホサートの過剰使用に
つながったことにある。他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」
と述べている。 

-続きます-

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/14(火) 07:58:36.00 ID:???
所々省略しました。ソース全文は
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3852.html
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3852_2.html

[1/2]
11月18日、ソフトバンク前取締役、福岡ソフトバンクホークス前代表取締役社長
兼オーナー代行を務めた故・笠井和彦氏の「お別れ会」がホテルニューオータニ
東京で催された。
その会でソフトバンク社長の孫正義氏は弔辞を読み、一時、同社の上場廃止を
考えていたことを明らかにした。
(中略)
孫氏が上場廃止を考えたのは、08年9月に米投資銀行リーマン・ブラザーズが
倒産した、いわゆるリーマン・ショックの直後である。同年8月半ばまで2000円台で
推移していたソフトバンクの株価は、10月28日には636円に大暴落した。
あらゆる銀行で融資先への姿勢が厳しくなるとの見方が強まり、借入金の多い
会社に危険信号が灯った。その代表格がボーダフォンの買収で有利子負債が
2兆4949億円(08年9月末)に膨れ上がったソフトバンクだった。当時、孫氏は
「まるで経営が破綻するかのような勘違いを(金融市場は)している」
と語り、風聞を意に介さないそぶりを見せていたが、実際は笠井氏に相談するほど
追い詰められていたのだ。

●再び膨れる有利子負債
そして今、スプリントの買収により、ソフトバンクの有利子負債は再び
膨れ上がっている。ソフトバンクの13年上期(4~9月期)の連結決算
(国際会計基準)によると、スプリント買収日(13年7月10日)の有利子負債は
2兆7582億円だったが、9月時点では8兆8401億円の3.2倍にまで増えている。
スプリントがソフトバンクにとっていかに大きな買い物だったのかがうかがえる。

ソフトバンクはM&A(合併・買収)攻勢で13年度中間期決算の売上高、営業利益、
純利益がいずれもNTTドコモやKDDI(au)を上回り、国内大手携帯電話会社
3社の中で1位となった。売上高は2兆5986億円(前年同期比72.7%増)、
営業利益は7150億円(同66.6%増)、純利益は3949億円(同84.1%増)。
売り上げには買収したスプリントの分が上乗せられた。
同社の営業損益は赤字だが、ゲーム会社のガンホー・オンライン・エンターテイメントや
PHS(簡易型携帯電話)事業を手掛けるウィルコムを子会社化にしたため、
その利益が加わった。一連のM&A効果で14年3月期は売上高が6兆円以上、
営業利益は1兆円以上になると予想している。

ソフトバンクはボーダフォンを買収した時と同様に、スプリント買収では自社の
体力をはるかに上回る投資に踏み切った。有利子負債は大きく膨れたが、
今回は株価の暴落は起きなかった。リーマン・ショックで金融市場が
収縮していた時とは一変し、現在はアベノミクスを追い風にして
株式市場が活況に沸いているという環境の違いが大きかったとみられる。

-続きます-

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 本多工務店φ ★ 2013/12/14(土) 00:02:32.55 ID:???
スカイマーク(SKY、9204)は現地時間12月11日、ミニスカートのワンピースと
帽子を取り入れた新制服を仏トゥールーズのエアバス社の工場で発表した。
2014年3月から羽田-福岡線を皮切りに導入する、エアバスA330-300型機の
就航記念キャンペーン用制服となる。

SKYはA330-300を3月25日から羽田-福岡線へ投入。
その後半年ごとに羽田発着の那覇線、札幌線へ就航させ、15年までに
10機導入する。座席は全271席がシートピッチが広い「グリーンシート」となり、
普通席よりもシートピッチは7インチ(約17.8センチ)程度広い
38インチ(約96.5センチ)となる。

同社の客室乗務員の制服は、これまでポロシャツだったが、A330-300による
運航便は新制服を着用。3路線とも就航から半年間ずつ、計1年半使用する見込み。
1機あたり8人の客室乗務員が乗務する。

新制服は青いワンピースと帽子、黄色を中心とするスカーフで構成。
SKYの西久保愼一社長は「若さを強調した」と話している。
同社によると、A330-300に乗務するのは、20代の客室乗務員が
中心になる予定だという。(新シートなど機内の様子はこちら)
http://www.aviationwire.jp/archives/29835

ソース:aviationwire
http://www.aviationwire.jp/archives/29821
画像
no title

no title

no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ