読み捨て2chニュース

カテゴリ:政治

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/22(水) 12:14:51.70 ID:???0
民主党の菅直人元首相は22日、JR三鷹駅前で街頭演説し、23日告示される
東京都知事選について
「今、原発をやめておくことが重要だ。そのためにも細川護熙元首相になってもらいたい」
と述べ、「脱原発」を公約に知事選に出馬する細川氏への支持を訴えた。

菅氏は、共産党などの推薦候補も脱原発を掲げていることから、
「脱原発を訴える候補が二つに分かれては原子力ムラに勝つことはできない。
当選可能性がより大きい細川さんに、有権者一人ひとりが一本化してほしい」
と呼び掛けた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012200356

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2013/12/07(土) 17:49:49.27 ID:???0
 6日、特定秘密保護法案が可決成立したことを受け、民主党の
蓮舫参議院議員がツイッターに同法について、与党への違和感を
3連続ツイートした。蓮舫氏は民主党が下野し、自公政権が復活したことを
述べたうえで、
「特定秘密保護法案の強行審議と強気の採決などを国民が願い、
自公政権に託したとは思わない」
と一つ目のツイートを締めた。

 続いてはかつて日中戦争に関し、1940年に反軍演説を行った立憲民政党の
斎藤隆夫氏の
「国家100年の大計を誤るようなことがありましたならば、これは現在の
政治家は死しても、その罪を滅ぼすことはできない」
という言葉を紹介。

 最後のツイートでは
「議会人として、国会議員の国政調査権さえも侵害されかねない法案に
賛成した与党議員の、法案成立後の高らかな拍手に大きな違和感が残った」
と述べ、一連の強行採決への疑問を述べている。

ソース:http://yukan-news.ameba.jp/20131207-76/

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: のーみそとろとろφ ★ 2013/11/15(金) 23:37:24.87 ID:???
 政府は15日午前、給与関係閣僚会議を開き国家公務員給与を
平均7.8%減額している特例措置について、今年度末で終了する方針を
正式決定した。安倍政権はデフレ脱却に向け、民間企業に
給与引き上げを求めており、国家公務員の減額特例を打ち切っても
理解を得られると判断した。

 国家公務員の給与は東日本大震災の復興財源を捻出するため
2012年度から2年間、特例として平均7.8%減額している。
政府は自治体にも国家公務員に準じた地方公務員給与の
減額要請をしているが、減額特例の終了に伴い、地方公務員給与の
減額についても今年度限りとする。

 閣僚会議では、減額特例の終了が来年4月の消費税率引き上げ
時期と重なることで国民の批判を招きかねないとして、
来年度以降も公務員の総人件費抑制に取り組む方針を確認した。
具体的には、民間と比較して高いとされる50歳代後半や地方勤務の
国家公務員給与の引き下げなど、公務員の新たな給与抑制策を
14年度中から始めるよう人事院に促すことを決めた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS15001_V11C13A1EB1000/

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: ファルコンアロー(東京都) 2013/11/09(土) 00:36:38.59 ID:c2+wz6lY0 BE:139003283-PLT(12051) ポイント特典
スレタイ:山本太郎陣営、記者をつかまえ 「書いたらどこまでも追い詰めてやるからな!」
本文:
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22211944

http://www.youtube.com/watch?v=xci9-_p2_1w




代行

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/08(金) 00:20:00.67 ID:???0
ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131107/stt13110723560015-n1.htm
写真=羽田空港に到着し、記者会見するアントニオ猪木氏
no title


 北朝鮮を訪問していた日本維新の会のアントニオ猪木参院議員は7日夜、
中国・北京経由で帰国した。その後記者会見を開き、訪朝の成果を強調した。
参院議院運営委員会の許可なく渡航した猪木氏に対し、与野党から処分を
求める声が強まり、自民党は懲罰動議を提出する方針だ。しかし、
維新内には訪朝を擁護する声もあり、党のガバナンス(統治能力)が
問われる事態に。党執行部は対応に苦慮している。

 「元気ですかー!! 元気があれば何でもできる。27回目の訪朝もできました」

 羽田空港に到着した猪木氏は記者団に対し、開口一番、おなじみの
フレーズを交えて、こう絶叫した。まさに意気軒高だ。

 与野党からの処分を求める声にもどこ吹く風だ。
「けんかをするつもりはない。非は非として受け止める」
としながらも、処分については
「これからの政治活動に障害が起きない方向に向けてもらえれば」
と注文までつけてみせた。

 金正恩第1書記の叔父である張成沢国防副委員長や
金永日朝鮮労働党国際部長と会談した際に、国会議員団の
北朝鮮訪問を打診し、「喜んでお受けする」との返答を得たことも
得意げに語った。

 自らが理事長を務めるNPO法人「スポーツ平和交流協会」が平壌に
事務所を開設したことにも触れ、
「(日朝間の)扉を開け、壁を少しでも崩す役割をしたい」
とも語った。もっとも、日朝間の最大の懸案である拉致問題については
「話はちょっと出たが、私がべらべらしゃべることではない」
と口をつぐんだ。

 参院議運委の岩城光英委員長は8日、猪木氏から無許可訪朝に
ついて事情を聴く。維新も、松野頼久国会議員団幹事長と
片山虎之助参院議員団会長が8日、猪木氏に事情聴取するが、
党としての方針は定まっていない。処分に値するかで党内に
温度差があるためだ。

>>2以降に続く)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ