読み捨て2chニュース

カテゴリ:映画

1: 禿の月φ ★ 2014/02/11(火) 11:49:05.01 ID:???P
4月に3年ぶりに公開される映画「相棒―劇場版Ⅲ」の撮影現場が、ピリピリムードだ。
テレビ朝日系の「相棒」シリーズでは、主演の水谷豊(61)の歴代“相棒”が次々と交代し、
そのたびに確執が取りざたされてきた。もちろんこれは、劇場版のキャストにも
反映されるが、映画の現場では「2度あることは3度ある?」のムードが充満している。
人気シリーズ映画の現場で一体、何が起きているのだろうか――。

 製作スタッフが明かす。「撮影が予定通りに進行するかは水谷さんの気分次第。
気分が乗らないと『やりたくない』と言って中断するのは日常茶飯事です。全員が
“水谷天皇”の顔色をうかがってばかりで、現場は今までになく大変です」

 現在の3代目“相棒”の成宮寛貴(31)に交代した「season11」は視聴率も
相変わらず堅調。最近の水谷の不機嫌の原因はどうやらその成宮だといわれている。

「2代目の及川(光博=44)さんを追い出し、成宮君を指名したのは水谷さんです。
表向きは成宮君を食事に連れて行ったり激励しているが、成宮君は過去の“相棒”と比べると
どうしても演技力が落ちる。自ら抜てきした手前、外すこともできず
不満をつのらせているのです」(同)
>>2以降に続きます)

ソース: 東京スポーツ新聞社(東スポWeb)
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/232392/
画像:no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/03(月) 13:18:45.76 ID:???0
(CNN) 小説や映画で人気を博した「ハリー・ポッター」シリーズのヒロイン、
ハーマイオニーは、主役のハリーと結婚させるべきだった――。
シリーズ小説原作者、J・K・ローリングさんが芸能誌のインタビューでそんな思いを
打ち明けた。2日の英紙サンデー・タイムズが伝えた。

ハリー・ポッターの物語は、ハーマイオニーがハリーの親友のロンと結婚して終わる。
ところがサンデー・タイムズは、「JK告白、ハーマイオニーはハリーと結婚すべき
だった」とする記事を1面に掲載。
芸能誌ワンダーランドに掲載予定のローリングさんのインタビューを抜粋で伝えた。
それによると、ローリングさんは映画でハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンさんの
インタビューに応え、「私は願いをかなえる形でハーマイオニーとロンの関係を描いた」
「文学とはほとんど無縁の理由で、そして私が最初に思い描いた筋書きへの執着とは
さらに程遠い理由で、ハーマイオニーはロンと結ばれた」と打ち明けた。
さらに
「一部のファンは激怒するかもしれないが、正直に言うと、距離を置いてみて
それが見えるようになった。その選択は私が非常に個人的な理由から行ったもので
あって、真実味を根拠としていない。私のこの発言で心を痛める人がいませんように」
と言い添えた。

この告白にワトソンさんも共感を寄せ、こう語っている。
「自分もそう思うというファンがきっといるはず。ロンは本当に
彼女(ハーマイオニー)を幸せにできるのか、と」。
インタビューの掲載号は6日に発売される。
ローリングさんは過去のインタビューでも、「実はロンを死なせることも真剣に考えた」
と打ち明けていた。

ソースは
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35043360.html?tag=top;subStory
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35043360-2.html
ハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン
no title

左からハリー役のダニエル・ラドクリフ、ハーマイオニー役のエマ・ワトソン、ロン役のルパート・グリント
no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 禿の月φ ★ 2014/01/24(金) 12:08:25.17 ID:???P
 女優の桐谷美玲が特撮ヒーロー役で主演する『女子ーズ』(6月7日公開)の
戦隊メンバーが集合したポスタービジュアルが24日、解禁された。
レッドを演じる桐谷のほか、ブルーの藤井美菜、イエローの高畑充希、
グリーンの有村架純、ネイビーの山本美月の女子ーズ5人が勢ぞろいして、
ぞれぞれの決めポーズを披露している。

 ドラマや映画、CMなど各方面で大活躍中の豪華女優陣の華やかな共演となる同作。
特撮ヒーローの聖地である採石場での怪人や戦闘員との戦いでは、スタントコーディーネーター
指導による本格的な格闘シーンを披露しつつ、5人の女子力を活かしたトークによる口撃も
見どころのひとつとなっている。

 『俺はまだ本気だしてないだけ』『HK/変態仮面』など、意外性のキャスティングと
独自の演出に定評のある福田雄一監督のもとで繰り広げる変身ぶりに期待が集まる。

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/2033316/full/
画像:決めポーズを披露!『女子ーズ』(6月7日公開)
no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/13(金) 12:06:48.70 ID:???
比較的すいている平日に映画を思う存分楽しんでもらおうと、月額1200円を支払えば
旧作映画が見放題になるサービスをシネマコンプレックス(複合型映画館)の
「イオンシネマ」が来年4月から始める。
子どもたちやお年寄りを映画館に呼びこむ狙いがある。

大型商業施設「イオンモール」などに入る全国76劇場のうち60劇場で始める。
定額制は来年4月7日~2015年3月20日の平日に実施する。
月額なら1200円、年額なら9800円を劇場窓口で払って、パスポート
「シネパス」を購入する。購入に年齢制限はない。月額パスだと購入した劇場でしか
利用できないが、年額パスポートなら全国のイオンシネマで鑑賞できるという。

イオンシネマには複数のスクリーンが入っている。
いまはすべてで新作を上映しているが、このうちの一つは、平日1~2回は旧作を
上映する仕組みにするという。旧作は、週1回のペースで更新していく。
シネパスを持っていると、この旧作を何回でも見ることができる。

旧作は、2000年以降に公開された作品も多くする見通しだ。
「英国王のスピーチ」「フラガール」など封切られてから数年の話題作のほか、
1959年の「北北西に進路を取れ」といった名作も上映する計画だという。

ソースは
http://www.asahi.com/articles/TKY201312120380.html
■イオン http://www.aeon.info/
 イオンシネマ http://www.aeoncinema.com/
 株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=8267

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 禿の月φ ★ 2013/12/07(土) 06:10:42.89 ID:???P
米「TIME」誌が毎年恒例の「今年の何でもトップ10」を発表。
アート&エンターテインメント部門で今年の映画ベスト10&
ワースト10が選出された。

「TIME」誌が選ぶ2013年映画ベスト10。栄えある1位に輝いたのは、
オスカー作品賞最有力候補と言われる『ゼロ・グラビティ』。
「映画の未来に燦々と輝きを与える作品」としてTIME誌は絶賛。
主演のサンドラ・ブロックがプロモーションのために7年ぶりの来日を果たし
本作は、日本でも大ヒットの予感。

 6位には11月30日(現地時間)に交通事故で急逝したポール・ウォーカーの
代表作シリーズ第6弾『ワイルド・スピード EURO MISSION』が選ばれている。
「舞台となったヨーロッパの各地で度肝を抜くようなスタントを展開、
全てにおいて前作を凌ぐ」と評価されている。

 ベスト10入りした作品はドラマからアクション、ファンタジー、アニメ、
ドキュメンタリーとジャンルも幅広い選出。ウォン・カーウァイ監督、
トニー・レオン主演『グランド・マスター』は5位にランクインした。

 不名誉のワースト1位に選出されたのは、日本劇場未公開
『アダルトボーイズ青春白書』の続編コメディ『Grown Ups 2(原題)』。
アメリカでは公開日が重なった『パシフィック・リム』のオープニング興収を
うち負かした作品だ。ワースト2位の『Salinger(原題)』は、アメリカの
小説家J・D・サリンジャーのドキュメンタリー。トリビアをまとめたような内容で
「不必要」な作品とメッタ斬り。

 ワースト10にはアクションやコメディ作品が並んだ中、リドリー・スコット監督、
マイケル・ファスベンダーやブラッド・ピット、キャメロン・ディアスなど豪華キャストが
出演したサスペンス・ドラマ『悪の法則』が8位にランクイン。公開前の作品に対する
期待が大きかっただけに、観た後のガッカリ感がひとしおだったようだ。(>>2以降に続きます)

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/news/28208
画像:no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ