読み捨て2chニュース

タグ:映画

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/13(金) 12:06:48.70 ID:???
比較的すいている平日に映画を思う存分楽しんでもらおうと、月額1200円を支払えば
旧作映画が見放題になるサービスをシネマコンプレックス(複合型映画館)の
「イオンシネマ」が来年4月から始める。
子どもたちやお年寄りを映画館に呼びこむ狙いがある。

大型商業施設「イオンモール」などに入る全国76劇場のうち60劇場で始める。
定額制は来年4月7日~2015年3月20日の平日に実施する。
月額なら1200円、年額なら9800円を劇場窓口で払って、パスポート
「シネパス」を購入する。購入に年齢制限はない。月額パスだと購入した劇場でしか
利用できないが、年額パスポートなら全国のイオンシネマで鑑賞できるという。

イオンシネマには複数のスクリーンが入っている。
いまはすべてで新作を上映しているが、このうちの一つは、平日1~2回は旧作を
上映する仕組みにするという。旧作は、週1回のペースで更新していく。
シネパスを持っていると、この旧作を何回でも見ることができる。

旧作は、2000年以降に公開された作品も多くする見通しだ。
「英国王のスピーチ」「フラガール」など封切られてから数年の話題作のほか、
1959年の「北北西に進路を取れ」といった名作も上映する計画だという。

ソースは
http://www.asahi.com/articles/TKY201312120380.html
■イオン http://www.aeon.info/
 イオンシネマ http://www.aeoncinema.com/
 株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=8267

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 禿の月φ ★ 2013/12/07(土) 06:10:42.89 ID:???P
米「TIME」誌が毎年恒例の「今年の何でもトップ10」を発表。
アート&エンターテインメント部門で今年の映画ベスト10&
ワースト10が選出された。

「TIME」誌が選ぶ2013年映画ベスト10。栄えある1位に輝いたのは、
オスカー作品賞最有力候補と言われる『ゼロ・グラビティ』。
「映画の未来に燦々と輝きを与える作品」としてTIME誌は絶賛。
主演のサンドラ・ブロックがプロモーションのために7年ぶりの来日を果たし
本作は、日本でも大ヒットの予感。

 6位には11月30日(現地時間)に交通事故で急逝したポール・ウォーカーの
代表作シリーズ第6弾『ワイルド・スピード EURO MISSION』が選ばれている。
「舞台となったヨーロッパの各地で度肝を抜くようなスタントを展開、
全てにおいて前作を凌ぐ」と評価されている。

 ベスト10入りした作品はドラマからアクション、ファンタジー、アニメ、
ドキュメンタリーとジャンルも幅広い選出。ウォン・カーウァイ監督、
トニー・レオン主演『グランド・マスター』は5位にランクインした。

 不名誉のワースト1位に選出されたのは、日本劇場未公開
『アダルトボーイズ青春白書』の続編コメディ『Grown Ups 2(原題)』。
アメリカでは公開日が重なった『パシフィック・リム』のオープニング興収を
うち負かした作品だ。ワースト2位の『Salinger(原題)』は、アメリカの
小説家J・D・サリンジャーのドキュメンタリー。トリビアをまとめたような内容で
「不必要」な作品とメッタ斬り。

 ワースト10にはアクションやコメディ作品が並んだ中、リドリー・スコット監督、
マイケル・ファスベンダーやブラッド・ピット、キャメロン・ディアスなど豪華キャストが
出演したサスペンス・ドラマ『悪の法則』が8位にランクイン。公開前の作品に対する
期待が大きかっただけに、観た後のガッカリ感がひとしおだったようだ。(>>2以降に続きます)

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/news/28208
画像:no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: BaaaaaaaaQφ ★ 2013/09/29(日) 11:31:48.27 ID:???0
歌手で俳優、福山雅治(44)が主演した映画「そして父になる」(是枝裕和監督)のハリウッドリメ
ークが決まり28日、東京・新宿ピカデリーで行われた初日舞台あいさつで発表された。製作は巨匠、
スティーブン・スピルバーグ監督(66)率いる米ドリームワークス(DW)社で、福山は「光栄です」と
大喜び。同作はこの日、スペインの第61回サンセバスチャン国際映画祭で観客賞も受賞。福山ら
にとって二重の喜びとなった。(サンケイスポーツ)

 5月のカンヌ国際映画祭で、日本映画26年ぶりとなる審査員賞に輝いた「そして父になる」が、今
度はハリウッドでリメークだ。

 この日、DW社と契約を交わしたばかりの是枝監督が、滞在中の米ロサンゼルスから国際電話
で舞台あいさつ会場に吉報を報告。スピルバーグ監督と握手を交わす写真がスクリーンに映し出さ
れると、客席から盛大な拍手がわき起こった。

 スピルバーグ監督からは「カンヌで初めて見たとき、パワフルな人間ドラマに非常に感銘を受けた」とい
うメッセージも送られた。舞台あいさつに立っていた福山は「監督、おめでとうございます。大変うれしく
光栄に思います」と大感激だ。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130929/ent13092908520003-n1.htm
no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: れいおφ ★ 2013/09/10(火) 21:07:49.09 ID:???0
トロント国際映画祭出品の松本人志監督「R100」 地元紙が最低評価

「第38回トロント国際映画祭」に正式出品しているダウンタウン松本人志(49)の
監督映画4作目となる「R100」(10月5日公開)が、地元カナダの「トロント・スター」紙
で59作品中、最低評価を受けている。

同紙はカナダの日刊紙として最大部数を誇る新聞。トロント国際映画祭の膨大な上映作品
の中で何を見るべきか、有識者3人によって最高4つ星で格付けを行った。

「ミッドナイトマッドネス部門」に出品された松本作品について同紙では現代日本を風刺して
いると説明した上で「時折、啓発的だが、大半が人を動揺させる」などと評し、
全作品中最低となる1つ星をつけた。残り作品では1つ半の評価もなく最低でも2つ星だ。
同映画は現地時間12日に公式上映されるが、一般の観客はどう評価を下すか注目される。

一方、日本からスペシャル・プレゼンテーション部門で出品された是枝裕和監督(51)の
「そして父になる」は3つ星半と高評価を受けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000022-tospoweb-ent

関連スレ
【映画】ダウンタウン松本、今回のジャンルは「精神的3D映画。心の3D眼鏡をかけてもらってもいいかな」…映画「R100」試写会
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378731395/
【映画】松本人志監督、9月8日の50歳の誕生日に映画「R100」公式ホームページが1日限定で「R50」に変わるなど“特別仕様”に
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378591827/

前スレ ★1=2013/09/10(火) 17:06:09.54
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378805676/

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/05/21(火) 12:05:44.17 ID:???0
アカデミー賞7部門でノミネートされた映画『ショーシャンクの空に』が初めて日本で舞台化され、
今年11月より東京・サンシャイン劇場ほかにて上演されることが明らかになった。

『ショーシャンクの空に』は、スティーヴン・キングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」を
フランク・ダラボン監督が1994年に映画化した作品。刑務所の中で出会う2人の男の友情、
そして希望を描き、アカデミー賞では7部門でノミネートされた。
日本でもキネマ旬報ベスト・テン外国映画部門で1位に輝くなど、高い人気を誇っている。

日本での初舞台化となる今回の演出を務めるのは、演出家・脚本家・俳優として活躍する河原雅彦。
河原は過去に同じく映画作品が有名な「時計じかけのオレンジ」の舞台化も手掛けている。
また、脚本は映画『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が担当する。

また、オリジナル映画ではティム・ロビンスとモーガン・フリーマンが主演したが、
今回の舞台版では成河と益岡徹が主演。脇を固める役者にも劇団☆新感線の粟根まことほか、
畑中智行、筒井俊作(以上、演劇集団キャラメルボックス)、高橋由美子などの演技巧者がそろっており、
映画を知らない人でも楽しめる舞台になりそうだ。

舞台「ショーシャンクの空に」は11月2日~11月10日に
東京・サンシャイン劇場にて上演ほか地方公演あり

ソース:シネマトゥデイ(2013年5月21日 10時00分)
http://www.cinematoday.jp/page/N0053103
画像:左から、演出の河原雅彦、脚本の喜安浩平
no title

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ